「オーナー様向けコラム」カテゴリーアーカイブ

市営住宅の賃貸で、「入居者が暴力団員と判明したとき、明け渡しを請求できる」との規定は憲法14条1項等に違反しない

Q,ご相談  「公営住宅で貸主が暴力団員を排除する事例があります。差別や人権という面で憲法上問題はありませんか?」 合理的理由のない差別ということにはならない 確かに排除例は増えています。最近関西の某市営住宅で暴力団排除 … 続きを読む 市営住宅の賃貸で、「入居者が暴力団員と判明したとき、明け渡しを請求できる」との規定は憲法14条1項等に違反しない

この記事を読む

連帯保証人が更新書に署名しなかった場合その後の賃料不払いは請求出来るのか?

1、紛争の内容 ①貸主Cは、借主Aとの間で、昭和60年5月31日、Cが所有するマンションの1室を、契約期間昭和60年6月1日から昭和62年5月31日までの2年間、賃料月額26万円の約定で賃貸する契約を締結した。 ②その際 … 続きを読む 連帯保証人が更新書に署名しなかった場合その後の賃料不払いは請求出来るのか?

この記事を読む

管理会社が、借主の賃料不払いに対抗して、賃貸借契約中の自力救済条項を根拠に、従業員を居室内に侵入させたり、居室の鍵を取替えさせたりしたことが不法行為に当たるとして管理会社の損害賠償責任を認めた事例

1、紛争の内容 ①借主Aは、管理会社Bが管理する賃貸マンションの1室を賃借していたが、居室の雨漏りにより被害を被ったのに管理会社Bが弁済に応じないとして賃料の支払いを停止し、督促にも応じなかった。 ②本件賃貸借契約書には … 続きを読む 管理会社が、借主の賃料不払いに対抗して、賃貸借契約中の自力救済条項を根拠に、従業員を居室内に侵入させたり、居室の鍵を取替えさせたりしたことが不法行為に当たるとして管理会社の損害賠償責任を認めた事例

この記事を読む

国土交通省、原状回復ガイドラインのご紹介

国土交通省の出している、原状回復のガイドラインのご紹介。 あくまでガイドラインですので法的拘束力は何もございませんが、いずれ拘束力のあるものに変わるかも知れません。 賃貸人と賃借人の修繕分担について 賃貸人の負担となるも … 続きを読む 国土交通省、原状回復ガイドラインのご紹介

この記事を読む

消費税が8%に、、、事業用不動産の話

本日より、消費税が8%になりました。事業用不動産のオーナー様はこれにより色々と変わります。 まず前提として、 居住用のアパート・マンションには消費税はかかりません。 務所・店舗、倉庫等の事業用不動産は消費税の課税対象です … 続きを読む 消費税が8%に、、、事業用不動産の話

この記事を読む

借主が亡くなったら賃貸借契約はどうなるんだろう?

 最近、とあるオーナー様よりこの様な質問を受けました。 Q 借主の方がお亡くなりになりました。賃貸借契約は終了するのですか? 最近ではたまに耳にするケースです。 借主が亡くなると賃貸借契約は当然に終了すると思われているか … 続きを読む 借主が亡くなったら賃貸借契約はどうなるんだろう?

この記事を読む